早く正確に読む・聴く力を鍛える

速読聴英語講座では、これからの英語教育や、入試対策に対応するための「読む力」と「聴く力」を鍛えます。これは英文を前から理解するためのリーディングとリスニングの2技能に特化したトレーニングで、英語長文読解力を身につけます。大学入学共通テスト試行調査が示すように、今後は単語や文法の知識や受験テクニックだけではなく、スキルとして英語を活用できるところまで求められます。 「速読聴英語」では英語長文中の「単語学習」「演習」を行ったあと、音読や倍速音声トレーニングによるスピード強化を行うことでバランスよくリーディングとリスニングの向上を目指します。

読む力・聴く力

リーディングとリスニングの向上を目指す

英語を前から速く読む練習

英語に慣れていない人は、単語ごとに日本語に訳し、さらに日本語の順番に置き換えて、前に戻りながら読むという時間がかかる読み方をしています。思い当たる節はありませんか?速読聴英語では、意味の固まりごとに前から読み進める“スラッシュリーディング”の読み方を訓練し、読む時間の短縮を目指します。速く読む力を身につけると、余裕をもって問題を解くことができ、さらに見直しをする時間も確保できます。

速く読む練習

意味の固まりごと前から読み進める
スラッシュリーディング

たくさんの英文に、読む、聴く・話すで慣れる

言葉を話したり、書いたりするためには、たくさんの英文を「読む」「聴く」というインプットすることが必要です。(理解語彙量=理解力の幅)そして、読んで、聞いた量が多ければ多いほど、「話す」「書く」などのアウトプットの時、様々な伝え方ができます。(使用語彙量=表現力の幅) 速読聴英語トレーニングでは、インプット学習時にネイティブと同じスピード、同じリズムで話せるまでシャドーイング(アウトプット)を繰り返します。語彙数・スピードが少しずつ上がる課題文を、英語の語順通り、自分の言葉として話せるレベルを上げていくことで、どんどんリスニング力が上がっていきます。

英文に慣れる

話してリスニング力を上げる
シャドーイング