高校入試がゴールではなくスタート

これまで頑張ってきた高校受験。中学校3年間の学びが高校入試に繋がっていくように、高校3年間も大変重要であることはいうまでもなく、むしろ「本番」とも言うべき点です。高校受験も大学受験もゴールではない...その先にある目標を見据えるべきなのです。高校3年生になれば誰でも勉強するようになりますが、そもそも大学入学試験は難易度が高いため、高校1年、高校2年でついてしまった差はそう簡単には戻せません。高校1年のスタートからしっかりとモチベーションをもつことで、逆転はいくらでも可能なのです。

新たなスタート

高校1年からしっかりスタートできるように

本当の勝負はここから

どの生徒に聞いても、「本当の勝負は高校一年生から」ということは、頭の中ではわかっていると思っています。とは言いつつも、次の受験は3年後、時間的な猶予を与えられたようにも感じてしまいますよね。実際に高校受験が終わったら、区切りと感じて学習塾を辞めていかれる生徒さんも多いです。でもここからの3年で道は大きく分かれます。

勝負は始まっている

3年は長いようで短い
焦らずに準備を着実に

受験前のテンションを維持し高校入学後も学習に取り組む

人生初の入学試験が終わり、今まで感じたことない解放感に浸っていたい気持ちはわかります。それはOKだけども、春休みで終わらせましょう。ここで気持ちを切らさないことが3年後に笑うか泣くかの、最初のチェックポイントだと言えると考えています。「あと3年間やり抜いてやる」と決意を新たにして高校生活に望んでいきましょう!

高校入学後決意を新たに

「あと3年間勉強をやりぬいてやる」
強い気持ちを持とう!