教科書改訂で大きく変わる学び方

これまでは覚えることを主体とした学習法でしたが、近年の著しい社会変化によりグローバル化が進む中で、考え方の異なる人々とのコミュニケーションを図ることができる力が必要となってきています。

そのために、新しい学習指導要領では、子ども達の思考力・判断力・表現力の育成、論理的な考え方を身につけることが目標とされているのです。

これからの時代に求められる言葉の力

入試改革学習指導要領の改訂を通して、日本の教育は「読解力」「思考力」を重視する方向へと変化しています。この変化の中に対応すべく、「知識がある」だけではなく、「文章や資料を速く正確に読み解く力」「物事を論理的に考え導き出す力」を身につけることが求められています。

高校入試後が実は本番なんです

高校入試を終えて晴れて入学。このタイミングで一区切りをつける方が非常に多いのですが、大学受験などを見据えるのならば、高校入試以後が本番。周りとの差を如何にしてつけるか、もう戦いは始まっているんです。

高校入試は通過点 、本当の勝負を勝ち抜こう